chimugusui
chimugusui

2022.2.1. Tue

shingetsu journal vol.1 『はじまりの月』

新月の夜に∴chimugusuiが配信する「shingetsu journal

月の始まりが心弾むものになりますように。心とからだを整えて、あなたの毎日にそっと寄り添う。そんな願いを込めてこの便りをお届けします。

 

【新月】

太陽と月が重なり太陽の光が地球に届かない状態。月の満ち欠けの始まりの日とも言われています。満月のエネルギーを少しずつ放出し新月に近づく。そしてまたエネルギーを溜めて満月へと向かう。自然の巡りの中で、新月とはものごとの始まりを意味すると私たちは考えています。

新しいことが始まるきっかけの日。そんな大切な日に心とからだの声に耳を傾ける。新しいことへの興奮や期待、時には不安や焦燥感を一度落ち着かせ、ゆっくりとハーブの香りに身を委ねてみてください。

shingetsu journalでは季節にあったハーブの使い方やおすすめの精油、ハーブティーなどをご紹介します。

 

 

【精油を使ったマッサージ】

寒さで固まってしまったからだをほぐすには、精油を混ぜたボディトリートメントオイル』で優しくマッサージするのが効果的です。

健康な成人が日常のセルフケアで安全に使える精油の濃度はからだで1%、顔で0.5%
例えば
10ml(小さじ2杯)のマッサージオイルを作るなら、からだ用は精油2滴、顔用は精油1滴です。
小皿やビーカーなどを使ってブレンドすると便利です。

上記のマッサージオイルを100円玉くらい両手に広げ、冷えの気になる箇所をマッサージします。
力を入れずにオイルの滑りの良さを生かして優しく撫でるようにしましょう。じんわりとからだが温まるのを感じてみて下さい。ボディトリートメントオイル』

は肌にもからだにも良い成分が含まれていますので、拭き取らずそのままに。

この時期のマッサージの為の精油は、血行促進が得意なスイートオレンジやスイートマジョラム、ジンジャー、またはそれらがたっぷりと配合されたBlend Essential Oil 「ON 温」』などを選んで。

精油を使ったマッサージを毎日の習慣にすることで、どんどん余分な力が抜けからだが温まり、気持ちも軽く健やかになるはずです。

 


 

shingetsu journalは月の周期に沿って配信いたします。
次回は3月3日にお届け予定です。

次の新月まで。
心地良い日々をお過ごしください。



メール配信に登録していただくとshingetsu journalと共にケアにおすすめの商品の割引クーポンコードをお届けしています。
ご希望の方はこちらからご登録ください。