chimugusui
chimugusui

2022.7.29. Fri

shingetsu journal vol.7 『植物との関係』

新月の夜に∴chimugusuiが配信する「shingetsu journal」

植物に触れて感じる安堵や心地よさ。それは遥か昔から紡がれてきた植物との関係にあるのかもしれません。

【植物との関係】

幼い頃、誰に教わるでもなく草花を摘んで遊んだり、水に浮かべてその鮮やかさに心をときめかせたように、昔の人たちは植物に触れるということが、自然と営みの中に溶け込んでいたのではないでしょうか。

今でこそ化学や薬に頼るようになってしまったけれど、祖父母の世代くらいまでは、自然のものを薬として使うのが当たり前だったように感じます。
火傷をしたらアロエを塗ったり、ヨモギやドクダミで体調を整えていたように、植物を使った暮らしの知恵が伝承され、身についていたのでしょう。

私たちが今、植物に触れた時に感じるこの満たされた心地よさは、新たに植物を取り入れて心とからだが改善したのではなく、忘れかけていた植物との関係を取り戻し、あるべき姿へと戻っていく安心感なのではないかと、そう思うのです。

今回のshingetsu journalでは、夏におすすめしたいフレッシュハーブを使ったケアの方法をご紹介します。

植物に触れて、心地よく夏の日々をお過ごしください。

 

 

【フレッシュハーブで蒸気吸入】

ハーブがよく育つこの季節は、フレッシュハーブを使ったケアがおすすめです。

蒸気吸入はフレッシュハーブの成分を呼吸から取り入れるだけでなく、蒸気と一緒に肌にも浸透するので、スキンケアにも効果があります。

ちぎったハーブを洗面器の底面半分が隠れるくらい入れ、熱湯を500ml〜700ml注ぎます。
熱くない程よい位置まで顔を近づけ、肩の力を抜いて深く呼吸してください。この時、バスタオルやショールなどの大きめの布を頭から被り、蒸気が逃げないようにするとより効果的です。
蒸気吸入に向いているのは、見た目が美しくて香りの良いハーブたち。
ラベンダー、ローズゼラニウム、オレンジフラワー、カモミール、ジャスミン、ミントやレモンバームなどがおすすめです。
蒸気吸入をしながら揺らぐハーブを眺めていると、心も落ち着き芯からリラックスできるはずです。

 

 

3〜5分蒸気吸入をしたら、水を足し適温にして、手浴を楽しんでみてください。

スマホやパソコンで知らぬ間に固まっている手の筋肉を温めながらほぐすことで、首や肩の疲れも癒やし、からだ全体がほぐれていきます。


こちらでご紹介しているケアはInstagramでの『shingetsu live』でも動画でご案内しています。

毎新月の夜19時〜 @chimugusui のアカウントより配信。
アーカイブもありますので、ぜひご覧ください。

shingetsu journalは月の周期に沿って配信いたします。
次回は7月29日にお届け予定です。

次の新月まで。
心地良い日々をお過ごしください。


メール配信に登録していただくとshingetsu journalと共にケアにおすすめの商品の割引クーポンコードをお届けしています。


ご希望の方はこちらからご登録ください。