chimugusui
chimugusui

2022.9.26. Mon

shingetsu journal vol.9 『低気圧』

新月の夜に∴chimugusuiが配信する「shingetsu journal

季節が移ろい不安定な天気に惑わされてしまわぬように。

 

【低気圧】

暑い夏が過ぎ、心地の良い秋の空気を感じ始めるこの季節。少しだけ不安定な天気に心とからだは揺らぎやすくなっているかもしれません。
なんだか重だるく感じるからだと、低迷する気持ち。それは心とからだの病気ではなく、台風や低気圧の影響で滞っていたからだの巡りが急激に流れ出したからかもしれません。

 

日々の疲れで少しずつ固まり滞っていた老廃物が、低気圧の影響で一気に巡り、痛みを伴う。特に日頃から疲れが溜まっていたり、緩む時間がとれない人はこの時期に不調を感じることが多いかもしれません。

 

本当は日々のケアで、心地良く緩ませ巡らせることができれば良いけれど、突然の低気圧で苦しい時は、心とからだを切り替えるケアで辛い痛みを少しでも和らげましょう。

 

今回のshingetsu journalでは、低気圧による不調を和らげる簡単なケアの方法をご紹介します。

 

 

 

【蒸気吸入で整える】

 

低気圧の影響で重だるく感じたり、頭痛などの痛みがある時には、ミントや柑橘の香りで頭やからだをすっきりと目覚めさせるのが効果的です。

 

小さなカップに、70〜80度くらいのお湯を50ml程度注ぎ、精油を1滴垂らします。蒸気が熱すぎず心地良いと感じる距離に顔を近づけ、ゆっくりと鼻から息を吸い込んでみてください。

香り立つ精油の成分が、からだの中に浸透し、重だるく感じていた頭も少しずつ目覚めていくはずです。

 

頭やからだを目覚めさせる蒸気吸入には、レモンやベルガモットなどの柑橘や清涼感のあるミントの精油、またはそれら全てがブレンドされた『Blend Essential Oil SEI「醒」』を選んで。

 

外出先で、すぐに蒸気吸入ができない時には、ロールオンアロマがおすすめです。ポーチやポケットに入れて持ち運べるので、低気圧による頭痛などの不調や、心が曇りそうになった時に、さっと取り出しケアすることができます。

 

ロールオンアロマは直接肌に塗ることができるので、痛みを感じるこめかみや頭頂部、鎖骨の付け根などに塗り込み痛みを和らげます。

 

低気圧による不調を緩和するロールオンアロマには『Rosemary blend』がおすすめ。外出先で沈みかけた心とからだをすっきりと目覚めさせてくれます。


こちらでご紹介しているケアはInstagramでの『shingetsu live』でも動画でご案内しています。

毎新月の夜19時〜 @chimugusui のアカウントより配信。
アーカイブもありますので、ぜひご覧ください。

shingetsu journalは月の周期に沿って配信いたします。
次回は10月25日にお届け予定です。

次の新月まで。
心地良い日々をお過ごしください。


メール配信に登録していただくとshingetsu journalと共にケアにおすすめの商品の割引クーポンコードをお届けしています。


ご希望の方はこちらからご登録ください。